アラビカコーヒーの原産国・エチオピア。コーヒーの木が森の中や庭先に自生しているこの国には1000年以上に渡るコーヒーの歴史があり、日本の茶道に似 たようなコーヒーセレモニーは生活に密着した文化となっています。オロミアコーヒー生産者組合連合(OCFCU)は1999年に誕生した農協で、現在コー ヒー農家12万8000家族・129生産者組合が参加しています。

エチオピア イルガチェフ G1

アールグレイのような風味が印象的
切れの良さがいい

近年スペシャルティコーヒーとして、世界的な注目を集めるイルガチェフェは豊かな火山灰性土壌、高い標高がもたらす昼夜の激しい寒暖の差が、コーヒー栽培に適しています。その素晴らしい自然環境の元であっても、生産者なくしては素晴らしいコーヒーはつくられません。

農園名:オロミアコーヒー生産者組合連合
エリア:セラード
プロセス:フリーウォッシュド
品種:アビシニカ種(エチオピア原種)
標高:2500~2600m


お勧め商品

ダビンチ グルメソース

エッセーレ チョカオ

エッセーレ ピーチティ

モナンシロップ

GIFT

CAFFE` NERO<準備中>

コーヒー機器<準備中>