お知らせ

1月29日付け:エチオピア、インドネシア、グァテマラの価格を変更致しました。

No.1 ブラジル      

プラナウト農園
(カトゥアイ・ムンドノーボ種)

甘味 ☆☆☆☆☆ 
苦味 ☆☆☆
酸味 ☆
コク ☆☆☆☆
 
グレープ色になるまで成熟させたチェリーのみを使い、重厚感、フルーティー感、ナッツの香り、甘さ、豊かなボディー感のある風味が特長的です。
 

価格

100g ¥550(+8%Tax)
200g ¥1,100(+8%Tax)
300g ¥1570(+8%Tax)
400g ¥1980(+8%Tax)
500g ¥2475(+8%Tax)
   

農園・農園主紹介

農園主:Sergio de Campos Mantovaninni
産地:ミナスジェライス州ノバヘセンデ(Nova Resende)
標高:約1100-1200m
栽培品種:カトゥアイ、ムンドノーボ、アカイアなど
 
ウェットミル設備:セパレーター、ミューシレージリムーバー、ドラム型乾燥機
ドライミル設備:脱殻機、石取り機、風力選別機、スクリーン選別機、比重選別機(以上全てピニャレンセ社製)、電子選別機、ミキシングサイロ、木製サイロ、その他:BSCA加盟農園/UTZ認証農園
 SCAA評価:84.875点
 
  


No.2 ドミニカ   

セサルメルード(カトゥーラ種)

甘味 ☆☆☆ 
苦味 ☆
酸味 ☆☆☆☆☆
コク ☆
 
酸味が強めのコーヒーです。軽めの赤ワインを思わせる熟成風味と、切れの良さが特長的です。ドミニカの豆は、日本で有名なブルーマウンテンに似た上質なコーヒーです。
 

 価格

100g ¥950(+8%Tax)
200g ¥1900(+8%Tax)
300g ¥2490(+8%Tax)
400g ¥3325(+8%Tax)
500g ¥4156(+8%Tax)
 
 

産地紹介

このコーヒー農園があるバラオナ州はドミニカ共和国の南西に位置し、山と海が恋人のように寄り添ってつづくバラオナ海岸には数百本の川が海に注ぎ込んでいます。
初めてコーヒーが持ち込まれたのは1735 年頃ではないかと言われています。
 
この地域には、緯度(ジャマイカブルーマウンテンと同じ)とカリブ海のそよ風の近接性の影響を受け、寒暖差により、果実の熟成が長くなり、非常に独特な風味が得られます。毎年9月頃から万遍ない降雨により徐々に熟してくるチェリーは、熟したものだけを手摘みする為に5~8回にわたって収穫します。
 

農園紹介

生産地 :ドミニカ南西部 中央山脈 ポロ自治体(バオルコ山脈)
生産者/農園名 :セサル・ロス/リリオス・ランザ・ヨランダ・ラマミ
標高 :1100~1350m
樹種・グレード :カトゥーラ種・バラオナ ナチュラル(18UP)
収穫期 :9月~2月 11月~5月(船積み期)
 
 
 


No.3 タンザニア  new

キゴマ ディープブルーAA(N39種)

甘味 ☆☆ 
苦味 ☆☆☆
酸味 ☆☆
コク ☆☆
 柔らかいほのかな酸味とビターなチョコレート風味が特長的です。
 

価格

100g ¥650(+8%Tax)
200g ¥1,300(+8%Tax)
300g ¥1850(+8%Tax)
400g ¥2340(+8%Tax)
500g ¥2925(+8%Tax)
 
 

産地の紹介

カンヨブドライミルに集まるCPUのパーチメントの中から、
カップクオリティーの高い原料のみでブレンドし、
ディープブルーを作っています。

ダルエスサラームより1,600km、同国最西端でブルンジ国境に近いところに位置しているキゴマ地区が産地です。
土は赤く柔らかく肥沃な土地なので風味は十分に安心できるものになっています。
安定感のあるキゴマは、ブレンドにも適応できる豆です。
 
水分値 10.7
生豆外観 薄緑色で均一。
商品規格 キボー S18
精選方法 ウォッシュド式
収穫時期 5-8月
クロップ 2019/20
品種 N39
(ルーメスダン×ブルボン)×ブルボン
※ルーメスダンはスーダン原産のアラビカです。
SCAA評価 83.375点 
 
 


No.4 インドネシア    new

ビンタンリマ(ティピカ種)

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆☆☆
酸味 ☆☆☆
コク ☆
 
一度飲んだら【虜】になるコーヒー。
クリーンで強いマンデリン。
【ご褒美】にはうってつけ。
 
いつまでも続く心地よい余韻。癖になる美味しさ。
昔ながらのコーヒー通、マンデリン通も納得してもらえる。
 
 
 

価格

100g ¥840(+8%Tax)
200g ¥1680(+8%Tax)
300g ¥2390(+8%Tax)
400g ¥3020(+8%Tax)
500g ¥3780(+8%Tax)
 
 

産地紹介

生産地 : インドネシア スマトラ島北部 リントン・二・フタ 及び パランギナン
限定されたエリアで採るので品質的なばらつきもより少ない。

この地域の中でも、ビンタンリマの品質を担保できるチェリーを収穫できる小農家さん(約40農家)からのチェリーのみがビンタンリマの原料となります

標 高 :1,400-1,500m

通常のマンデリンと違い、品質劣化を防ぐためパーチメントの状態で生産地域から出荷され、翌日にはシッパーに原料が搬送されるという流れをとっています。
 
 
 


No.5 コスタリカ     

セントタラス ガンボア農園(カトゥーラ種)

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆☆☆
酸味 ☆☆
コク ☆☆☆☆
 
しっかりとした甘味と柑橘系の香りがあり、クリーンでバランス良く、どの焙煎度でもまとまり良くコーヒーを楽しめます。アフターテイストでの甘味が特徴的です。
 

価格

100g ¥550(+8%Tax)
200g ¥1100(+8%Tax)
300g ¥1560(+8%Tax)
400g ¥1980(+8%Tax)
500g ¥2475(+8%Tax)
 
 

産地紹介

生産地域:タラス地区
標高:約1,700~1,900m
ガンボア農園 農園主:マルティン・グティエレス(Martin Gutierrez)
商品規格:SHB
精選方法:ウォッシュド
収穫時期:1〜 4月
品種:カトゥーラ
 
 
 


No.6 ルワンダ      

スカイヒル(ブルボン種)

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆
酸味 ☆☆☆☆
コク ☆☆☆☆
 
柔らかな酸味とバランスの取れた苦味で、飲み心地の良い後味です。
 

価格

100g ¥650 (+8%Tax)
200g ¥1300(+8%Tax)
300g ¥1950(+8%Tax)
400g ¥2600(+8%Tax)
500g ¥2925(+8%Tax)
 

産地紹介

生産地区:同国西部ニャマシェケ地区
ウォッシングステーション名(水洗工場):コプロカ(COPROCA)
標高:1,700-1,900m
生産者数:1000農家
ドライミル(精選所):ルシジドライミル(ドーマン保有)
 
1994年の悲惨な出来事から「アフリカの奇跡」とも称される復興をとげた千の丘を持つ国ルワンダ。絶滅危惧種であるマウンテンゴリラが生息する自然豊かな大地で育つ、魅惑のコーヒーをお楽しみいただきたいと思います。
「千の丘の国」の言葉通り、どこを切り取ってもそこには丘が存在します。丘の上から見渡すその風景もまた丘ですが、それはまるで天空に浮かぶ丘の如く美しいパノラマです。「スカイヒル」という商品名は高品質な当商品原料の美しい故郷の風景に由来します。
 
 
 


No.7 エチオピア     

イルガチェフェG1ペレカ(ティピカ種)

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆
酸味 ☆☆☆☆
コク ☆☆☆☆
 
しっかりとした甘味と柑橘系の香りがあり、紅茶を思わせる風味。クリーンでバランス良く、どの焙煎度でもまとまり良くコーヒーを楽しめます。アフターテイストでの甘味が特徴的です。
 

価格

100g ¥750 (+8%Tax)
200g ¥1500(+8%Tax)
300g ¥2137(+8%Tax)
400g ¥2700(+8%Tax)
500g ¥3375(+8%Tax)
 

産地紹介

生産地 : シダモ地方イルガチャフィー地区
標高 : 約1,900m
精選方法 : ウォッシュド式
収穫時期 : 1-3
 
シダモ地方のイルガチャフィー地区で栽培され、ウォッシュド式で処理されたモカ。
通常のイルガチャフィーG1よりもさらに高品質で、こだわりを持って作った商品です。
 
 
 


No.8 グアテマラ     

アンティグアSHBアゾテア農園(ブルボン種)

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆
酸味 ☆☆☆☆
コク ☆☆☆☆
 
しっかりとした甘味と柑橘系の香りがあり、クリーンでバランス良く、どの焙煎度でもまとまり良くコーヒーを楽しめます。アフターテイストでの甘味が特徴的です。
 

価格

100g ¥650 (+8%Tax)
200g ¥1300(+8%Tax)
300g ¥1852(+8%Tax)
400g ¥2340(+8%Tax)
500g ¥2925(+8%Tax)
 

産地紹介

所在地:SacatepequezHocotenango
農園名 : グァテマラ アンティグア ラ アゾテア農園
 
農園マネージャー:PACO氏(Francisco Arriolaフランシスコ・アリオラさん)
農園面積  : 約45ha
産地標高  : 1,600m
 
アンティグアが高品質のコーヒーを産出する大きなポイントとしては、その標高と火山に囲まれた環境、そして豊富な水源が挙げられます。肥沃な火山灰土壌は適度な水と養分を土壌に蓄え、高い標高により果実はじっくりと熟成します。また清潔で温度の低い水源の使用による収穫後のプロセスは、原料にダメージを与えることなくしっかりと粘液質を洗い流します。
 
アンティグアの街のはずれに位置するラ・アゾテア農園は、同様の自然の恩恵を受けつつ、そこに彼ら自身のこだわりを加えています。
 
 
 


No.9 コロンビア     

マグダレナSUP カスティージョ(カトゥーラ種)

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆
酸味 ☆☆☆☆
コク ☆☆☆☆
 
しっかりとした甘味と柑橘系の香りがあり、クリーンでバランス良く、どの焙煎度でもまとまり良くコーヒーを楽しめます。アフターテイストでの甘味が特徴的です。
 

価格

100g ¥550 (+8%Tax) 
200g ¥1100(+8%Tax)
300g ¥1567(+8%Tax)
400g ¥2090(+8%Tax)
500g ¥2612(+8%Tax)
 

産地紹介

生産地 : ウィラ地区南部 サン アグスチン村
標高 : 1,200-2,000m
精選方法 : ウォッシュド
収穫時期:10-12月、4-5月
品種 : カスティージョ、コロンビア、カツーラなど
 
 
 
 


ALBA BLEND     

アルバブレンド

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆
酸味 ☆☆☆☆☆
コク ☆☆
 
酸味のお好きな方におすすめ。エチオピアもかを一杯詰め込んだブレンドです。
 

価格

100g ¥450 (+8%Tax)
200g ¥900(+8%Tax)
300g ¥1280(+8%Tax)
400g ¥1620(+8%Tax)
500g ¥2025(+8%Tax)
  
 
 
 


BENE BLEND     

ベーネブレンド

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆
酸味 ☆
コク ☆☆
 
グァテマラを中心にしたブレンド。マイルドで後味が良い。
 

価格

100g ¥450 (+8%Tax)
200g ¥900(+8%Tax)
300g ¥1280(+8%Tax)
400g ¥1620(+8%Tax)
500g ¥2025(+8%Tax)
 
 
 


SERATA BLEND     

セラータブレンド

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆☆☆
酸味 ☆
コク ☆☆☆
 
すっきりとした深煎りを中心に3種類の豆をブレンド。深煎りのお好きな方にオススメ。
 

価格

100g ¥450 (+8%Tax)
200g ¥900(+8%Tax)
300g ¥1280(+8%Tax)
400g ¥1620(+8%Tax)
500g ¥2025(+8%Tax)
 
 
 


TAKUMI BLEND     

匠ブレンド

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆☆☆
酸味 ☆
コク ☆☆☆☆☆
 
コクと切れ味が特長的なブレンド。安定したコーヒー感のあるブレンド。
 

価格

100g ¥450 (+8%Tax)
200g ¥900(+8%Tax)
300g ¥1280(+8%Tax)
400g ¥1620(+8%Tax)
500g ¥2025(+8%Tax)
 
 
 


DOJIMA BLEND     

堂島ブレンド

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆
酸味 ☆
コク ☆☆
 
あっさりとした飲み心地が特長的な、万人受けするブレンド。
 

価格

100g ¥450 (+8%Tax)
200g ¥900(+8%Tax)
300g ¥1280(+8%Tax)
400g ¥1620(+8%Tax)
500g ¥2025(+8%Tax)
 
 
 


HOUSE BLEND     

ハウス ブレンド

甘味 ☆☆☆
苦味 ☆☆☆☆☆
酸味 ☆
コク ☆☆☆☆☆
 
ビターな風味がお好きな方にオススメ。あっさりとした後味が人気です。
 

価格

100g ¥450 (+8%Tax)
200g ¥900(+8%Tax)
300g ¥1280(+8%Tax)
400g ¥1620(+8%Tax)
500g ¥2025(+8%Tax)