川崎智永弥プロフィール

和歌山県出身
4歳から音楽に親しむ。
弱冠19歳にてエレクトーン世界大会で優勝。世界14カ国、7万人の頂点に立つ。ヤマハ株式会社所属エレクトーンデモンストレーター、財団法人ヤマハ音楽院大阪校・講師、等を経て(音楽NAME:川崎智永弥)現在はフリー。全国各地にて演奏活動・セミナー・指導者および上級生対象の演奏研究会等、活動中。演奏&練習のコツ〝朝エレクトーン(YouTube)〟動画コンテンツも好評配信中。
2001年にSHUPLACE(https://shuplace.com)を起ち上げ、音楽イベントのプロデュース及びディレクション、作編曲、音源制作、仕組み作り、人材育成、他、幅広く展開。 『人・音楽・出逢い・楽しさ・響きあう』を軸に、コミュニケーションの場を追求、発信しつづけている。
演奏練習を〝まちがえた姿勢〟でしつづけ、肩こりで寝たきりや、ヘルニアなど、身体の不調をきたし、一念発起。2006年より6年間、デューク更家に師事し、人の原点〝直立二足歩行〟の驚異に没頭。認定スタイリスト(セカンドプロフェッサー)として各地で活躍。その後も『ヒト本来が持つ健康美を活性させる』をコンセプトとした独自理論〝Be-jin walk〟を確立。歩きだけでなく、あらゆる動作、そして演奏表現にも直結する、機能性改善&獲得をめざした、超シンプル且つ有効的なレッスンには定評がある。
2008年、大阪市福島区野田、自宅1階に自家焙煎珈琲店〝SHUPLACE COFFEE〟を開業。カルチャースクールも起ち上げ、現在は、ギター・ウクレレ・ベース・ドラム・ボーカル・エレクトーン・ピアノ・音楽理論・サルサ・ヨガ・マッサージ・心理学・経営・書道・珈琲、全15カルチャーを展開中。
年に一度、自宅全館を解放し、まぐろ1本を80人で食べ尽くすホームパーティー〝まぐろの会〟を主催するなど、楽しむことにかける情熱は天下一品。毎日がパーティーのような人生をと、飽くなき追求心が彼女の生きる原動力となっている。