No.2 ブラジル

   Profile 

         甘味 ☆☆☆☆☆☆
         苦味 ☆☆☆☆☆
         酸味 ☆☆☆
          コク ☆☆☆
          焙煎 中煎り

朝に飲むコーヒーにはコクはいらない。かといって、薄めたコーヒーのようではなく、ちゃんとした苦みも欲しい。たまには牛乳をいれてカフェオレで飲みたいから。後味もすっきりとしていて欲しい。パンやサラダにすんなりと合うコーヒーが良い。

使っているコーヒーについて

ブラジル モンテ・アレグレ・ブルボン
BRAZIL MONTE AREGURE BOULBON
中南米のあっさりとしたコーヒー
クリーンカップで明るいフローラルフレーバーが特長
 

農園名:モンテ・アレグレ農園
責任者:ジョゼ フランシスコ
エリア:南ミナス アルフェナス
プロセス:パルプド・ナチュラル
品種:イエローブルボン100%
標高:1,000m-1,100m
認証:BSCA認証

 
 

 ミナスジェライス州南部、標高3,300~3,600フィートのアルフェナス(ALFENAS)郊外に位置し、ブラジルスペシャルティコーヒー協会(BSCA)のメンバーでもあるモンテ・アレグレ農園はスペシャルティコーヒーの世界に名だたる大農園です。
モンテ・アレグレ
 2,700ヘクタールという広大なモンテ・アレグレ農園の中でも、最高のコーヒー豆が生産されているのが162ヘクタールのブルボン専用区画です。十分な栄養がコーヒー豆へ届くように、通常よりも植付け間隔が広く取られ、その結果、5月から6月の収穫時期には、完熟したチェリーが深い光沢と張りを持つようになります。
ブルボン専用区画で収穫された実をパルプド・ナチュラルで精製し、BSCAによる品質検査に合格したものだけを「モンテアレグレ ブルボン」としてお届けしております。ブルボン種・パルプドナチュラル製法による高い品質とトレーサビリティの確保されたBSCA認証コーヒーです。

<BSCA認証とは?>

BSCA認定コーヒーは、高い品質で、かつ人や環境にやさしい方法で作られたコーヒーです。ブラジルスペシャルティコーヒー協会では、環境にやさしい農法を行い、農園内に森林を残し、労働環境を整えられた優れた農園をBSCA認定農園とし、この農園で収穫されたコーヒーで所定の品質検査(カップテスト)に合格したもの(カップオブエクセレンス基準で80点以上)をBSCA認定コーヒーとして麻袋にBSCAのロゴがプリントされます。
BSCA

 
 
 <パルプド・ナチュラルとは?>
完熟したコーヒーの実は大切に手摘みされ、すぐに水洗いされ、パルパーにかけられ、果皮と果肉が除去されます。その後、甘味のある粘着質(ムシラージ)を残した状態で、ゆっくりと天日乾燥されます。こうしてできたパーチメントビーンズは、トゥーリャ(木製のサイロ)によって、十分な熟成期間が与えられます。従来のナチュラルコーヒーでは、未熟実の除去が非常に難しかったのですが、パルプド・ナチュラルでは果肉除去時に果皮の堅い未熟実はパルパーで弾かれるため、完熟豆だけを集めることが容易です。味も、ナチュラルよりクリアで明るい酸味をもつものになり、今までのブラジルとは違った新しい味を生み出しています。
 


お勧め商品

ダビンチ グルメソース

エッセーレ チョカオ

エッセーレ ピーチティ

モナンシロップ

GIFT

CAFFE` NERO<準備中>

コーヒー機器<準備中>